KATO セキ3000 石炭積載10両セットを開封! / D51北海道形 ヨ5000車掌車 トーマス / N-gauge steam locomotive, Coal freight





KATO セキ3000 石炭積載10両セットを開封! / D51北海道形 ヨ5000車掌車 トーマス / N-gauge steam locomotive, Coal freight



見ます : 53957
123
長秒: 2m 41s

評価

知ってますか?

石炭はケンタッキーの公式状態鉱物であります.


ディスカッション:

約: KATO セキ3000 石炭積載10両セットを開封! / D51北海道形 ヨ5000車掌車 トーマス / N-gauge steam locomotive, Coal freight


ヨ5000形
5800番台 (ヨ5800 - ヨ5828)従来、北九州地区の石炭列車の緩急車にはセフ1が使用されていたが、老朽化が目立ってきたため、その置き換え用としてヨ5000新製車(5050番台)より29両が1977年(昭和52年)から1979年(昭和54年)にかけて若松工場で改造された。石炭車に連結されたまま高さの低い石炭積み込みホッパー施設に乗り入れることから、屋根が車体中心から緩い角度で両側に傾斜した低屋根構造の鋼板製平屋根となり、屋根上のベンチレーターはストーブ用の1基を除いて全て撤去されているのが特徴で、車番も電車の低屋根車(800番台)にならって5800番台となっている。また、近年の改造であるため暖房用ストーブは石炭から石油ストーブに変更されている。この当時、新型車掌車としてヨ8000形が量産されていたが、ヨ8000形の車掌室ユニットは屋根が深く低屋根化改造が難しいことや、新製したばかりの車掌車を改造するのは得策でないこと、石炭列車の今後の運転予測からあまり両数が必要とされないことから比較的年式の新しいヨ5000形の新製車から改造したものである。当初は北九州地区限定で運用されていたが、石炭列車が廃止された後は運用限定も解除され、他形式の車掌車と同等に使用された。

(Wikipediaより)
きかんしゃトーマス(しごとをうばわれる)とゆうおはなし。
ヨ5000は結構ヨ駅として使われていますよ。
9600型の方も良いですよ。
トーマス何してんだww
いいね
うおおおお!!かっこいい!!めっちゃ欲しい!!
トーマスはこのための伏線だったのか
いいですねー。汚したくなりますね(^^)
めっちゃカッコいいですね!蒸気機関車との相性最高すぎます^^
セキいいですね!
かっこよくて僕も欲しくなりました!
最後のトーマスがシュールで面白かったですwww
トーマスwww
いいですね!


石炭在庫


石炭は古くから燃料として使われてきた。特に産業革命以後20世紀初頭まで最重要の燃料として、また化学工業や都市ガスの原料として「黒ダイヤ」「黒いダイヤ」「黒の宝石」等と呼ばれていた。第一次世界大戦前後から、艦船の燃料が石炭の2倍のエネルギーを持つ石油に切り替わり、戦後中東で大量の石油が採掘され1バレル1ドルの時代を迎えると、産業分野でも石油の導入が進み(エネルギー革命)西側先進国で採掘条件の悪い坑内掘り炭鉱は廃れた。.


言語:

石炭は太古の植物の遺体が堆積したものであるため、地中には地層の形で存在する。石炭の鉱山を特に炭鉱と呼び、炭鉱が集中している地域を炭田と呼ぶ。