海外からの視点では、日本の石炭火力発電に対して座礁資産と考えられている





海外からの視点では、日本の石炭火力発電に対して座礁資産と考えられている



見ます : 418
4
長秒: 19m 41s

評価

知ってますか?

石炭はケンタッキーの公式状態鉱物であります.


ディスカッション:

約: 海外からの視点では、日本の石炭火力発電に対して座礁資産と考えられている


福島の原発事故を上げるやつが多いが、事故処理に時間がかかっても「対策」はできます。
責任どうこう言うなら脱原発のデメリットの責任は誰がとってくれるのか?
こちらは今後の事故と違って「確実」におこること。

都市部に作れというアホも多いが、過疎地に作る理由が危険だから、だけと思っているのか?
事故が起きようが起きまいが、危機管理はしないといけない。危機管理をすると危険だというアホが日本には多いが、海外では「最悪の場合」を想定するのが常識。
最悪の事態が起きてもできるだけ被害が小さくなるようにしておくのが常識。
過疎地は土地が安い、対策費も安い、地元の雇用にもつながる。


未来の話は「実現」してから言ってください。
原発は世界では増えていますが。脱原発を掲げている国も実現できていない。
アホの一つ覚え「利権」。石油利権のほうが遥かに大きいですが。
原発は国で管理しているが石油は民間なので利益重視になる。
今でも電気代が上がっているのにそれはどうするのですか?
あんたらが払ってくれますか?

あまりにもの頭の悪さで途中で聞くのをやめました。
原子力を正当化する輩は頭が悪い。原子力発電所というものは安全に運転してても核廃棄物という
ゴミを出す時点で欠陥品なのである。
この欠陥を補うために巨額の金を使ってものすごく危険なゴミを冷やし、
閉じ込めているのである。しかもこのゴミは何万年も管理しないといけないのである。
ここに無駄な仕事が生まれ大きな利権が生まれるのである。
そのお金は電気代となってバカにされた国民は文句も言わず払っているのである。
とうとう福島ではゴミが外に出てしまったため人が住めなくなり、今は汚染水(ゴミ水)問題である。
これも利権にしてしまうからどうしようもない。
バカにされた国民は電気代に上乗せされ払わせられているのである。
金のことしか考えていない原子力村の奴らに騙されないよう利口になることである。


石炭在庫


石炭は古くから燃料として使われてきた。特に産業革命以後20世紀初頭まで最重要の燃料として、また化学工業や都市ガスの原料として「黒ダイヤ」「黒いダイヤ」「黒の宝石」等と呼ばれていた。第一次世界大戦前後から、艦船の燃料が石炭の2倍のエネルギーを持つ石油に切り替わり、戦後中東で大量の石油が採掘され1バレル1ドルの時代を迎えると、産業分野でも石油の導入が進み(エネルギー革命)西側先進国で採掘条件の悪い坑内掘り炭鉱は廃れた。.


言語:

石炭は太古の植物の遺体が堆積したものであるため、地中には地層の形で存在する。石炭の鉱山を特に炭鉱と呼び、炭鉱が集中している地域を炭田と呼ぶ。