武田邦彦 太陽光発電 X 石炭火力発電





武田邦彦 太陽光発電 X 石炭火力発電



見ます : 626
1
長秒: 8m 51s

評価

知ってますか?

石炭はケンタッキーの公式状態鉱物であります.


ディスカッション:

約: 武田邦彦 太陽光発電 X 石炭火力発電


300Wパネル単体で20年間の発電エネルギーから売電収入を概算すると、300W × 8hours × 25days ×12months ×20years ×32yens = 14400kw ×32yens = 46080000 yens → 約46万円の富。 ←(2015年度設営;西日本, 72Cells'300W, Guarantee;25years)
-------------
①:円柱状Si単結晶インゴットを輪切りした極薄円盤内に3価及び5価の元素を拡散浸透させ、P/N半導体ダイオード接合を形成させた15cm×15cmサイズの薄板状ユニットを72枚製造するコスト+②:この発電ユニット72枚を乳状色の樹脂厚板に貼付けるコスト+③:その上面に強化ガラス板を張付けて、全体をアルミサッシ枠に嵌込むコスト、これら3者(①+②+③)の合計コストが、かっての前任校の院生や助手の基礎研究成果として、上記概算額46万円の数倍以上になり、あまりにも馬鹿げてる---云々と公言し、大衆を愚弄されるが、貴殿ご自身でエネルギーコスト収支の算を入れたことがあっての放言でしょうか、さもなくば、衒学者ですよ。

本邦(我国内)では、Siパウダー(粉末)は、工業製品として非常に安価かつ広範に使われ大量生産されている産業用基礎材料です。例えば、家屋や建物の外壁鉄板の塗装剤、建築用充填ゴムペースト類(コーキング材)、等々に混入され製品寿命や諸性能を向上させています。

太陽光パネル用のSiウェーハ製造でも、ある程度純度の高いSi溶融液から単結晶種を成長させインゴットを得るには、炉内温度をかなり高温度を保つ必要がありますが、貴殿のご高説ほどの電力費を要しません。ICチップやCPU素子を造る純度テンナイン(0.9999999999)のインゴットを造る訳ではありません。----最近の太陽光パネル製品の単価例-----
2017年4月以降のパネル単価(B to B) → 15000yens (単結晶; 60Cells'275W)
                   → 12000yens (多結晶; 60Cells'250W)
私が50年前に名古屋大学に入学後、工学者の道に進む前の教養学部教育課程で「経済学概論」担当教授の説法;資本主義経済下の生産財の極限単価は、無限大数生産で無限小価格に行き着く、という哲学になる、と明言されたのが思い出されます。 ←(非マル経派学者


石炭在庫


石炭は古くから燃料として使われてきた。特に産業革命以後20世紀初頭まで最重要の燃料として、また化学工業や都市ガスの原料として「黒ダイヤ」「黒いダイヤ」「黒の宝石」等と呼ばれていた。第一次世界大戦前後から、艦船の燃料が石炭の2倍のエネルギーを持つ石油に切り替わり、戦後中東で大量の石油が採掘され1バレル1ドルの時代を迎えると、産業分野でも石油の導入が進み(エネルギー革命)西側先進国で採掘条件の悪い坑内掘り炭鉱は廃れた。.


言語:

石炭は太古の植物の遺体が堆積したものであるため、地中には地層の形で存在する。石炭の鉱山を特に炭鉱と呼び、炭鉱が集中している地域を炭田と呼ぶ。