【圧巻!石炭貨物列車】扇町駅の日常





【圧巻!石炭貨物列車】扇町駅の日常



見ます : 29805
92
長秒: 9m 47s

評価

知ってますか?

石炭はケンタッキーの公式状態鉱物であります.


ディスカッション:

約: 【圧巻!石炭貨物列車】扇町駅の日常


レールが見えないじゃないか、よく平気だな
DEの車番も凄い。10 1101 。
凄い草 線路が見えない。
重そうですね
コメントありがとうございます。 地元の鉄道って特別な思い入れができますよね。
僕は秩父鉄道沿線に住んでる者です。 ホキ10000は昔は、日常的に秩父鉄道を、デキに引かれ、10両編成で走ってたので懐かしいです。今はまれに、5両編成が走っていて、大野原駅近くの武州原谷にいるのしか見ません。昔は「秩父セメント」でしたが、今は「太平洋セメント」ですからね。編成も、秩父鉄道内はホキ10000×10両編成はもちろん、昔は、タキ1900、ヲキ・ヲキフ100との混結編成もあったので、懐かしく思います。 遠い横浜で、「武州原谷」と観ると、つい嬉しくなります(^^)
@QSANDQSAND さん ありがとうございます! 行き慣れたところでも、時間を置いて再訪すると意外なアングルが隠れてるもんですね。
扇町の手摺下アングル斬新!最高。


石炭在庫


石炭は古くから燃料として使われてきた。特に産業革命以後20世紀初頭まで最重要の燃料として、また化学工業や都市ガスの原料として「黒ダイヤ」「黒いダイヤ」「黒の宝石」等と呼ばれていた。第一次世界大戦前後から、艦船の燃料が石炭の2倍のエネルギーを持つ石油に切り替わり、戦後中東で大量の石油が採掘され1バレル1ドルの時代を迎えると、産業分野でも石油の導入が進み(エネルギー革命)西側先進国で採掘条件の悪い坑内掘り炭鉱は廃れた。.


言語:

石炭は太古の植物の遺体が堆積したものであるため、地中には地層の形で存在する。石炭の鉱山を特に炭鉱と呼び、炭鉱が集中している地域を炭田と呼ぶ。