世界で進む石炭シフト 1of2





世界で進む石炭シフト 1of2



見ます : 8125
31
長秒: 12m 21s

評価

知ってますか?

石炭はケンタッキーの公式状態鉱物であります.


ディスカッション:

約: 世界で進む石炭シフト 1of2


複合サイクル(オットー・ディゼルサイクル)は商船の内燃機関に採用されている通りいまのところ一番優れています。
石炭 ガス化とかって 40年前ほざいていたよな
おい 独逸よ 石炭燃やすな  環境大好きなんだろ
雨の日も雪の日も夜でも発電できて核廃棄物も出さない上に
低コストの石炭火力発電 いいわ
環境団体の船は内燃機関という笑い話


石炭在庫


石炭は古くから燃料として使われてきた。特に産業革命以後20世紀初頭まで最重要の燃料として、また化学工業や都市ガスの原料として「黒ダイヤ」「黒いダイヤ」「黒の宝石」等と呼ばれていた。第一次世界大戦前後から、艦船の燃料が石炭の2倍のエネルギーを持つ石油に切り替わり、戦後中東で大量の石油が採掘され1バレル1ドルの時代を迎えると、産業分野でも石油の導入が進み(エネルギー革命)西側先進国で採掘条件の悪い坑内掘り炭鉱は廃れた。.


言語:

石炭は太古の植物の遺体が堆積したものであるため、地中には地層の形で存在する。石炭の鉱山を特に炭鉱と呼び、炭鉱が集中している地域を炭田と呼ぶ。